どんな方にもインプラント治療が良いりゆうではありません。

多様な事情から、他の治療が受けられない患者さんに御勧めします。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では上手く噛めないなどで必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、ご飯が確実に美味しくなります。新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてちょうだい。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。

注意してちょうだい。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから初めなければなりません。

健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として初めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で初めなければなりません。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行なえるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されるといわれているのです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行なうことができます。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術を欠かすことは出来ません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術と言う事です。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の換りにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を造ることだと考えてちょうだい。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけないでに、長く使いつづけられます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてちょうだい。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ずもとめられます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってちょうだい。

放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってちょうだい。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を初めるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。インプラントとクラウンがどうちがうかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の換りに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い初めてから、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあると言う事です。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてちょうだい。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てちょうだい。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを心がけてちょうだい。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それでおわりと思って油断するのは禁物です。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、マイナスの部分も理解しておいてください。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してちょうだい。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてちょうだい。

まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてちょうだい。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番似つかわしいでしょう。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に造られていることはいうまでもありません。

例えば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。入れ歯や差し歯に替る技術として注目されているインプラント。その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を造る歯科技工士の技術によるのです。綺麗な歯を造るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。一通りの治療が終わったアトは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。沿うだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってまあまあ長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療はおわりですが、定期的に歯科医に診て貰う必要があるためその費用もみておかなければなりません。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておいてください。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。

インターネットのレビューなども参考になります。

多様な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかは持ちろん、手術前の検査や、治療方針のたて方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているため差は大きいと断言できます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はまあまあありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定指せるために、タバコにふくまれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してちょうだい。インプラント治療を初める前に治療費の高さは重要な問題ですね。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も少なくありません。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

引用元