「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、沿うして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を造れるのが、インプラントの利点なのです。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療とくらべても高額です。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。検査など、治療の一部しか保険が聴かないのがどうしても高額になってしまう原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療をうけるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければおもったより長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、ご飯もおいしいと思えます。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知して頂戴。

技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

沿うした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。高い技量をもつ歯科医院を、インターネットの口コミなども利用して選びましょう。インプラント治療を検討している方、大事なのはどみたいにして最良の歯科医を探し出すかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行なう検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第でおもったより治療実績には差があると考えられます。インプラントは、他の治療にくらべても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合指せてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

最近話題になることも多いのがインプラントです。しかし、気に留めておくべきポイントがあります。

最も重要な注意点は、インプラント治療はどんな方でもうけられるわけではないと言うことです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意して頂戴。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どみたいにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

この治療では、おもったより特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めて頂戴。

それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、しっかりと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもしっかりと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択して頂戴。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。

障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、こみたいになりますよと説明され治療をうける決心がつきました。保険が聴かないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

インプラントならば、他の人工歯とくらべてもしっかりと噛向ことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯は供に、ガムを噛んだくらいではびくともしな幾らいに頑丈です。どんなガムでも、当然ですがキシリトールガムも平気で噛めます。インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はおもったより大きいというべきでしょう。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコにふくまれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意して頂戴。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意して頂戴。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていって頂戴。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認して頂戴。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。

さらに、美容整形をうけてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。

当然ですが、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報ツールで調べたでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。それは違います。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えて頂戴。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えて頂戴。

見た目からしても、自分の歯みたいにとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療はオワリですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導をうけます。

この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。

どんな方にもインプラント治療が良いりゆうではありません。

いろいろな事情から、他の治療がうけられない患者さんがうける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、ご飯に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスをうけて頂戴。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

当然ですが、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。

治療を初める前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療をうける歯科医院を決めることが肝心です。

いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療をうけた方からの評価です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。理由は様々ですが、要望すれば必ずインプラント治療をうけられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、おもったより困難なケースでも治療できるところが増えてきました。よく調べて、最先端の治療がうけられる歯科医院を捜すことが必要です。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の変りにあごの骨に埋め込んだ人工の歯をつくることだと考えて頂戴。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除はうけられるので、覚えておきましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。確定申告で医療費控除をうけたい場合、治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費と供に、1年分をもれなく保管して頂戴。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過供に落ち着くのが圧倒的に多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを心がけて頂戴。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっ沿う増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療をうけるということも考えていきましょう。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

一生使える第二の歯を求めて、沿う簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収拾するのが成就への第一歩になるんです。頑張って終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

不断のケアが求められます。毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)を完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。

引用元