https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_Green27_40420141123162504-thumb-1000xauto-17861

使ってOK?ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルはどんな薬?

育毛剤やAGA治療薬として使用されているミノキシジルは本来、育毛のために開発された薬ではありません。

ミノキシジルはもともと高血圧治療薬、血圧下降剤として作られました。そしてその開発段階でミノキシジルを服用していた患者の副作用に多毛症があることがわかりました。

血圧を下げるためにミノキシジルには血管をひろげて血流を良くさせる働きがあり、これがたまたま発毛へとつながっていたのです。その後外用薬として臨床試験が繰り返され、現在の脱毛症薬として確立したのです。

ミノキシジルは「リアップ」の主成分となっており、誰でも購入することができます。また日本では塗布剤としてのみ製造されていますが、個人輸入と行えば経口薬を購入することもできます。

ミノキシジルの効果とは

ミノキシジルには発毛因子に働きかけ発毛を促進させる効果があることがわかっています。ミノキシジルが毛乳頭細胞に働きかけると毛周期における休止期間から成長期へ入るよう促すのです。

ミノキシジルを塗布することで毛乳頭細胞から血管内皮増殖因子(VEGF)などの発毛因子となるタンパク質が分泌され発毛を促し、毛母細胞が細胞分裂を再開して毛を作り出します。

ミノキシジルの副作用

もともとミノキシジルは、前述したように高血圧治療薬でした。そのため直接的な育毛剤ではなく、様々な副作用が報告されています。

①心臓への負担

もともと高血圧治療薬で血管を拡張する働きがあるので、服用することで心臓や血管に負荷がかかり、血圧がの降下や低血圧となったりすることがあります。動悸や不整脈がおこることもあり、心臓病に持病がある場合は服用することができません。

②腎臓

ミノキシジルには膵臓でインスリンの分泌を抑制させてしまう副作用があります。血糖値が上がってしまうため、血液のろ過の働きをする腎臓への負荷がかかりむくみなどの症状が出ることがあります。

③皮膚

ミノキシジルの働きで血管が拡張し、皮脂の分泌量が多くなるとニキビや肌荒れの原因となることがあります。頭皮にかゆみを伴う湿疹が出ることもあります。

④目

ミノキシジルを服用すると目の充血が起こることがあります。これは血管が拡張することによるもので、目の充血を放置してそのままミノキシジルの使用を継続すると頭痛やめまいなどの症状を引き起こしてしまうこともあります。

これらの4つの副作用はミノキシジルの副作用のほんの一端です。その他にもたくさんの副作用が報告されており、中には性欲減退や女性の妊娠への影響が出ることも報告されています。

もっとも怖いのは①の心臓における副作用で動悸や不整脈がもとで心臓発作を起こしてしまう可能性もあります。

まとめ

個人輸入を行えば手に入るミノキシジルですが、自分では判断せず、医師の管理の元、塗布剤として使用する方が望ましいと言えます。発毛外来ではミノキシジルを外用剤として処方しており、プロペシアと併用して治療を行っています。

育毛剤で命の危険に脅かされるなど本末転倒な話です。発毛したいのであれば一度発毛外来での無料カウンセリング等を受け、薬の副作用等について確認してみるとよいでしょう。