https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_maxfl20141025163530-thumb-1000xauto-17868

頭皮に直接注入!育毛メソセラピーの効果と副作用

育毛メソセラピーってどんな治療法なの?

メソセラピーとはもともと痩身の美容治療において用いられていた手法で、その始まりは1952年にフランスで開発された薬剤を脂肪細胞に注入し脂肪を溶解するものでした。

現在はこのメソセラピーがさまざまな分野で応用され、脱毛治療の分野では育毛メソセラピーとして定着しています。育毛メソセラピーは様々な薬剤を注射器やレーザー電気パルスを利用して皮下に注入し、発毛を促す治療です。

また、髪が成長するために必要な栄養素を注入することで血行を促進し、細くて弱々しい毛を健康な毛に導くことが目的の治療法です。注入する成分はミノキシジルやフィナステリド、これは薄毛治療でおなじみの薬でどのクリニックでもメソセラピーでは使用している成分です。

そしてクリニックにより内容は異なりますがコエンザイムQ10やヒアルロン酸、銅ペプチド、その他ビタミン剤が含まれ、発毛を促すタンパク質として、IGF-1(インスリン様成長因子)、bFGF(繊維芽細胞成長因子)、VEGF(血管内皮成長因子)などが含まれています。

よく、HARG治療と比較されますが、その違いはHARG治療は幹細胞の培養液から抽出した成長因子が混合液の主成分となっている点です。現在はメソセラピー治療の中でもHARG治療のように上述したような成長因子を用いているクリニックもあり、それらを利用する消費者(患者)側からしてみるとその境界線がややぼんやりした物になってきているようにも感じてしまいますね。

育毛メソセラピーの効果は?

育毛メソセラピーは内服薬での治療と異なり、直接頭皮に有効成分を注入するため、効果はダイレクトに作用していると考えられます。残念ながらほとんどのクリニックが発毛率などのデータを掲載していないため効果の割合については定かではありませんが口コミなどをみても効果は内服薬のみの方に比べ高いといえます。

また、以前は注射針で有効成分を注入していましたが、現在はノーニードル育毛メソセラピーと言って
電気パルスにより微小な穴を細胞膜にあけることで直接有効成分を注入する施術方法も開発されています。傷みをほとんど伴わないため、痛みには弱いという方にも安心です。

育毛メソセラピーに副作用はあるの?

育毛メソセラピーの副作用の報告例は現在ありません。内服薬と異なり頭皮に調節薬剤を注入するので副作用が起こりにくいと言えます。ただ、稀に敏感肌の方など頭皮の赤みや痒みなどのアレルギー症状などが出ることがありますので施術前に必ず医師に確認するようにしましょう。

しかし、副作用が報告されていないからと言って安心してしまうのではなく、医師はほとんど出てこないようなクリニックを避け、カウンセリングのしっかりした信頼できるクリニックで治療を行うようにしましょう。

HPを見ればどこのクリニックも症例が掲載されていますので、掲載数が多く、多様な症例を治療している経験豊富なクリニックを選ぶようにしましょう。