使ってOK?ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルはどんな薬?

育毛剤やAGA治療薬として使用されているミノキシジルは本来、育毛のために開発された薬ではありません。

ミノキシジルはもともと高血圧治療薬、血圧下降剤として作られました。そしてその開発段階でミノキシジルを服用していた患者の副作用に多毛症があることがわかりました。

血圧を下げるためにミノキシジルには血管をひろげて血流を良くさせる働きがあり、これがたまたま発毛へとつながっていたのです。その後外用薬として臨床試験が繰り返され、現在の脱毛症薬として確立したのです。

ミノキシジルは「リアップ」の主成分となっており、誰でも購入することができます。また日本では塗布剤としてのみ製造されていますが、個人輸入と行えば経口薬を購入することもできます。

ミノキシジルの効果とは

ミノキシジルには発毛因子に働きかけ発毛を促進させる効果があることがわかっています。ミノキシジルが毛乳頭細胞に働きかけると毛周期における休止期間から成長期へ入るよう促すのです。

ミノキシジルを塗布することで毛乳頭細胞から血管内皮増殖因子(VEGF)などの発毛因子となるタンパク質が分泌され発毛を促し、毛母細胞が細胞分裂を再開して毛を作り出します。

ミノキシジルの副作用

もともとミノキシジルは、前述したように高血圧治療薬でした。そのため直接的な育毛剤ではなく、様々な副作用が報告されています。

①心臓への負担

もともと高血圧治療薬で血管を拡張する働きがあるので、服用することで心臓や血管に負荷がかかり、血圧がの降下や低血圧となったりすることがあります。動悸や不整脈がおこることもあり、心臓病に持病がある場合は服用することができません。

②腎臓

ミノキシジルには膵臓でインスリンの分泌を抑制させてしまう副作用があります。血糖値が上がってしまうため、血液のろ過の働きをする腎臓への負荷がかかりむくみなどの症状が出ることがあります。

③皮膚

ミノキシジルの働きで血管が拡張し、皮脂の分泌量が多くなるとニキビや肌荒れの原因となることがあります。頭皮にかゆみを伴う湿疹が出ることもあります。

④目

ミノキシジルを服用すると目の充血が起こることがあります。これは血管が拡張することによるもので、目の充血を放置してそのままミノキシジルの使用を継続すると頭痛やめまいなどの症状を引き起こしてしまうこともあります。

これらの4つの副作用はミノキシジルの副作用のほんの一端です。その他にもたくさんの副作用が報告されており、中には性欲減退や女性の妊娠への影響が出ることも報告されています。

もっとも怖いのは①の心臓における副作用で動悸や不整脈がもとで心臓発作を起こしてしまう可能性もあります。

まとめ

個人輸入を行えば手に入るミノキシジルですが、自分では判断せず、医師の管理の元、塗布剤として使用する方が望ましいと言えます。発毛外来ではミノキシジルを外用剤として処方しており、プロペシアと併用して治療を行っています。

育毛剤で命の危険に脅かされるなど本末転倒な話です。発毛したいのであれば一度発毛外来での無料カウンセリング等を受け、薬の副作用等について確認してみるとよいでしょう。

薄毛治療の基本!フィナステリドの効果と副作用

フィナステリドはどんな薬?

フィナステリドはAGA治療薬のプロペシアの主成分です。プロペシアもミノキシジルと同様、AGA治療薬として開発された薬ではありません。

もともとは前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、それが服用する人からたまたま発毛効果が得られたという報告が多数寄せられたために発毛を促進する薬として使われるようになったのです。

フィナステリドは成分名で日本ではプロペシアという商品名で医師の処方により服用することができます。

フィナステリドの効果

男性の薄毛の原因は男性ホルモンです。フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬で、アンドロゲン(男性ホルモン)を阻害する働きがあります。

男性ホルモンはいくつかの種類がありますがそのなかのテストステロンは5α‐還元酵素によってジヒドテストステロン(DTH)に変化します。DTHは頭髪の毛根にある受容体と結合すると毛の脱毛を促してしまいます。

フィナステリドは5α‐還元酵素の働きを抑制するためDTHの生成を阻害することができるのです。DTHが生成されなくなるため頭髪の脱毛を防ぐことができるということになります。

しかし、もともと体内において分泌された男性ホルモンの生成を阻害するため、フィナステリドはにも副作用が出ることが報告されています。

フィナステリドの副作用

重大な副作用として挙げられるのは肝機能障害です。服用したどの程度の割合の患者に副作用が現れるのかわかっていませんが、海外も含め10例ほどの重い肝機能障害の報告があります。

世界中で服用されている薬のため、割合は本当にごくわずかだと言えますが、肝臓が物言わぬ臓器と呼ばれているほど病気になっても働き続けてしまう臓器のため、フィナステリドはの副作用による肝機能障害の予備軍は多いのかもしれないのです。

その他には性欲の減退や勃起機能不全等の副作用の報告があります。どちらも1%程度で多いとは言えませんが、副作用としてこれらの症状が出る可能性があることは事実なのです。また、食欲不振や倦怠感、むくみなどの副作用の報告もあります。

しかし、これは一般的に市販されている風邪薬でも体質により出すことがある症状であり、それ程重く受け止めなければならない副作用ではありません。

また、フィナステリド(プロペシア)は日本では医師の処方箋がなければ手に入れることができません。

頭髪専門外来ではプロペシアの処方の際には血液検査を行っているクリニックがほとんどです。血液検査を行うことでどのような副作用が起きやすいのかある程度予測することができます。

プロペシアの価格は1粒250円です。1か月分28錠は7000円となり、クリニックによって価格は多少前後します。AGA治療は自由診療のためクリニックによって価格設定がことなるのです。

また、クリニックでは飲み薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルを並行して治療に使うことが多く、
外用薬を合わせると1か月の治療費の目安は1万円~になります。