遺伝以外の薄毛の原因と改善方法

薄毛の原因にはストレスによるものが原因で引き起こされることがあります。今の社会はストレス社会とも言われていて、ストレスを受けやすい環境になってしまいました。プレッシャーなどのストレスが髪の毛にダメージを与えてしまうため薄毛になってしまうことが考えられています。

ストレスをなくすのは難しいですが、なるべくリラックスできるようなことを探しストレス解消することを心がけると良いです。ストレスは完全になくなりませんが、ストレス解消することでうまく付き合っていくと良いと思います。

また、シャンプーやトリートメントなど頭皮にダメージを与える可能性がある洗い方も薄毛を促進させてしまいます。頭皮がダメージを受けてしまうと髪の毛を促進させるのを妨げてしまいます。シャンプーで洗うときに強くこすってしまったり、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しが原因で頭皮にダメージを与えてしまうこともあるので髪の毛を洗うときは優しく洗うように注意する必要があります。

シャンプーは1日1回すれば十分なので、1日に何回も洗わないようにするのも大切です。髪の毛を1日に何回も洗っていると頭皮の皮脂が失われてしまいます。皮脂が失われることで頭皮にダメージを与えるので、シャンプーは1日1回するようにします。

生活習慣も薄毛を改善するのに大きく関わっています。特に睡眠や食生活は注意することが大切です。髪の毛が成長する時間は夜の10時から夜中の2時が髪の毛が成長する時間帯とも言われています。この時間にはなるべく寝ているようにすることが薄毛を改善させる方法でもあります。

不規則な食生活は髪の毛に栄養が届かなくなり、抜け毛や薄毛を促進させます。肉類中心の食生活やお菓子など糖分が入っている食べ物を中心に摂っていると髪の毛に良くないので規則正しい食生活にすることが大切です。なるべく野菜や魚中心のバランスの良い食生活に改善するように意識して心がけるようにしなければなりません。

タバコを吸う人も薄毛の原因になります。タバコは髪の毛にも影響し、体に良いというメリットが1つもありません。なので、タバコを吸っている人は喫煙習慣を見直す必要があります。

薄毛の改善は生活習慣の乱れが大きく関わっていることがわかります。薄毛を改善させるには生活習慣を正しくすることが大切です。また、生活習慣を見直しながら育毛剤など髪の毛の成長を促すようなものを使うとより効果があるので育毛剤を使うのも手だと思います。