薄毛が進行したら思い切ってボウズにするべき?

若い頃は頭の毛が薄いだとかハゲという事はなかなか真剣に話せないものです。むしろ逆に笑いに変えてしまってそれで終わりということがとてもたくさんありました。確かに若い頃にハゲる人というのは少ないですし、ハゲ方もそれほどひどくないので本人も笑いに変えていた部分があったのかもしれません。

しかし、薄毛というのはつくづく急にやって来るなあと思います。若いと自分では思っていても髪の毛が急に薄くなってきたり、抜け毛がシャンプーをしている時に多くなってきたのを感じたり、生え際が後退しているのを鏡で毎日見るとなかなか笑えなくなってくるものです。

ある時に昔からの友人と集まる機会があり、仕事や近況などの話がひととおり終わった後で髪の毛の話題となっていきました。昔は冗談のような話題だったのに、歳を重ねてからはかなり深刻な話となってしまいました。それぞれ自分がやっている予防法やハゲの症状を発表し合って慰め合いました。見た感じではみんなそれほど深刻な状態にはなっていないのですが、やはり最終的にはどのようにごまかすのかという話にまでなりました。

薄毛と言っても色々なパターンがあり、ストレスで円形脱毛症になってしまった人もいます。これは周囲の髪の毛で隠すことができますし、原因もストレスとわかっているので自分で気を付けていけばやがてまた元通りになるのだろうと思います。しかし、生まれつき一部分が薄毛だったり年齢による薄毛の対策は結構難しいです。また遺伝ということもあったりしてなかなかそれぞれ違う原因で薄毛になっているのだなあとつくづく思います。

ある友人と「もし自分がハゲたらどうするか」という話になりました。ようするに二択で「ごまかす」のか「ボウズにする」かという話でした。これもなかなか難しい話で、ハリウッド俳優のように似合えばそのまま開き直ってもいいのかもしれませんが、日本人はなかなかそこまでいけません。細身の人はなかなかハゲが似合いにくいものです。それと同時にやはり細身でハゲていると悲壮感がただよってしまうイメージもあります。

なのでもし似合うのであれば思い切ってボウズにするというのもアリなのかもしれません。頭の形など考慮するところはたくさんあって、実際にボウズにするには思い切ったイメチェンなので勇気も必要ですが、もしかしたらやってしまうと自分自身が楽になるのかもしれないなあと思っています。もう薄毛に悩む心配もないですし。