薄毛治療の内容まとめ

薄毛治療の基本は内服薬と外用薬

薄毛、AGA治療の基本は、内服薬と外用薬です。

内服薬は成分名フィナステリドを主成分としたプロペシア(商品名)が2005年に発売されてAGA治療薬として一般的に使用されています。

自分で購入することはできず、医師の処方箋が必要な治療薬で1粒あたり250円が相場となっています。自由診療のためクリニックによって価格に幅がありますが1か月分だと7000円程度にとなっています。
脱毛を促す男性ホルモンが生成されるのを阻害する薬です。

外用薬としてはリアップ(大正製薬)に含まれるミノキシジルが一般的で、リアップがドラッグストアで販売されているように誰もが購入することができます。

ミノキシジルは高血圧を治療するための血管拡張剤としての内服薬でしたが、服用により体毛が濃くなる多毛症の副作用が報告され、臨床試験が進められてAGA治療薬として認可されました。

育毛メソセラピー

多くのクリニックで行われている治療法が育毛メソセラピーです。電気穿孔法(エレクトロポレーション)という技術を用いて細胞膜に短い電気パルスを流し、その刺激で毛穴や汗腺などの細胞間膜に微小な穴を空けて、薬剤を皮下に注入する技術です。そのまま塗布しただけでは浸透しない高分子の薬剤を注入することもでき、脱毛だけでなく美容の場でも広く用いられています。

この治療法はあくまで有効成分を皮下に注入して頭皮環境を改善し発毛を促すものなので、基本的には内服薬や外用薬との並行治療が必要となります。

HARG(ハーグ)療法

HARG療法では再生医療を応用した毛髪の再生治療で毛穴を再生させ、毛母細胞をよみがえらせることで発毛させています。

この治療法は、認定を受けた医療機関のみで受けられる薄毛治療ですが、この治療法を確立したのは日本人の医師で福岡 大太朗氏という人物です。現在HARG治療の認定を受けたクリニックは全国180院以上あります。

HARG治療のすごいところは、どのような人でも、ほぼ確実に発毛効果が得られつということです。HARG療法は、「HARGカクテル」とよばれる毛髪が再生する有効成分を、注射で直接頭皮に打つことよって行う治療法です。有効成分を毛根まで届けることで発毛が促されるのです。

しかし治療費が100万円以上かかってしまうなど、非常に高額な医療費であるためなかなか一般の方がこの治療を受けるのは難しいといえます。

自毛植毛

植毛はその文字通り自分の毛を薄毛の部分に移植する治療法です。皮膚を切開し、自毛を頭皮ごと移植したい場所に埋め込みます。費用としては30~150万円が相場となっており、決して安い治療法ではありません。

しかも植毛後、数週間は傷が残り、他人が見てもわかりますので他人に知られたくないという場合は
常に隠していなければなりませんし、仕事などがあると隠し通すのはなかなか難しいと言えます。

また、植毛した部分の薄毛は解消されますが、その他の部分の薄毛は進行していくので、植毛以外の頭皮が脱毛していき、毛の生え方に不自然さが出てしまう可能性もあります。自分の毛を移植しますが、定着率は100%ではないのも難点です。

AGA・薄毛治療は専門の病院で!

一般の内科や皮膚科でのAGA治療・薄毛治療では、薬(プロペシアなどの内服薬)を処方されるのみです。したがって薄毛の進行を抑制することはできますが、抜けてしまった髪の毛を復活させることはできません。

薄毛の進行をストップさせるのと同時に、抜けてしまった毛髪を復活させることができる発毛効果の高い治療法はAGA・薄毛治療専門の病院でないと受けることができません。

AGA専門クリニックは医院によって治療費や治療内容が異なります。上記の育毛メソセラピーやHARG療法、自毛植毛のような高度な治療法は取り扱っている病院が限られていますので、事前にチェックすることをおすすめします。
AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング

まとめ

このように薄毛治療も様々な技術が開発され、いずれ費用面でももっと低価格で治療を受けることができるようになると考えられます。

育毛剤で自宅でケアを行うかたも多いですし、この方法が最もお金をかけなくて済みます。地道に行っていくことで何らかの効果が得られるかもしれません。

しかし、薬の処方や治療を受けなくてもカウンセリングと初診、検査であれば2万円以下で行うことができます。

まずは頭髪外来へ行き、血液検査などで科学的に自分の薄毛の現状を確認してみてはいかがでしょうか。

高いけど効く?噂のHARG治療の効果と副作用

HARG治療ってどんな治療なの?

HARGはHair Re-generative theraphyの略で、毛髪再生治療という意味です。治療方法は幹細胞から抽出された成長因子を直接頭皮に注入することで毛包をよみがえらせて発毛を促します。

幹細胞とは簡単に言うと組織や臓器の元となる細胞です。幹細胞は様々な組織日や臓器に分化する能力を持ちつつ自身も細胞分裂を行うことが出来ます。

受精卵はすべての臓器や組織を構成する1つ1つの細胞にすべてに分化することの出来る幹細胞です。

数年前にips細胞の開発で京都大学の山中教授がノーベル賞を受賞しましたが、ips細胞は人工的に数種の遺伝子を導入して、人工的に作り出した幹細胞です。人工多能性幹細胞とも言われ、この研究により再生医療の可能性が一気に広がったといえます。

幹細胞は分化、増殖する際に様々な成長因子を放出しています。成長因子とは細胞から出されるタンパク質のことです。

幹細胞を培養する際に培養液中に放出された成長因子はそれ独自でも組織において再生効果をもたらすことが様々な研究で実証されています。成長因子が標的となる細胞膜の受容体に結合すると細胞が増殖したり分化したりするためのシグナルを出すのです。

そしてこの成長因子を薄毛治療に応用したのがHARG療法です。

HARG治療にはどのような効果があるの?

薄毛になる原因は毛周期の乱れです。ほとんどの薄毛の場合、毛を作り出す細胞自体が死滅してしまっている訳ではなく、毛の成長期、退行期、休止期のサイクルが崩れ、成長期に移行しない休止期の毛が増えてしまうことで薄毛となっています。

HARG治療はこの毛周期を正常に戻すことで発毛を促しています。HARG療法はいくつかの成長因子とビタミンBやシンテインなどの混合カクテルを頭皮に注入します。

成長因子はKGF(ケラチノサイトグロースファクター)や、PDGF(プレートレットデライブドグロースファクター)、VEGF(バスキュラーエンドセリアルグロースファクター)などで幹細胞の培養液から安全に抽出されたものです。

特にKGFは角化細胞増殖因子とも言われ上皮細胞の増殖を促します。毛を作り出す毛母細胞はケラチノサイトと呼ばれる上皮系の細胞です。

頭皮に注入された成長因子は毛母細胞の増加を促進させ、発毛へとつながります。

HARG治療に副作用はあるの?

HARG治療の良いところは副作用が特になく、アレルギー等の問題がないことです。

また、幹細胞の培養液からもタンパク質だけをろ過し、ウイルスや細菌が混入しないように作られているので安全性は高いと言えます。実際HARG治療においてアレルギーやHARGカクテルのコンタミネーションによる問題は起きていません。

このHARG治療を確立したのはHARG治療センターの医院長である福岡 大太朗氏です。日本人の方なんですね。福岡氏のクリニックでの発毛率は99%でほぼ全員の方が発毛を実感しています。

やや治療費が高いことが難点とも言えますが、発毛しない治療や育毛剤で何年もお金をかければ数百万の治療費がかかってしまうことさえあります。

HARG治療は効果が表れるまでは月1回、その後は6~8週間に1回の定期治療に行けばよいのです。

HARG治療は発毛率の高さでは他の治療を圧倒する割合ですし、通院ストレスも少なく、最先端の技術で安全性も確立された治療法なのです。

頭皮に直接注入!育毛メソセラピーの効果と副作用

育毛メソセラピーってどんな治療法なの?

メソセラピーとはもともと痩身の美容治療において用いられていた手法で、その始まりは1952年にフランスで開発された薬剤を脂肪細胞に注入し脂肪を溶解するものでした。

現在はこのメソセラピーがさまざまな分野で応用され、脱毛治療の分野では育毛メソセラピーとして定着しています。育毛メソセラピーは様々な薬剤を注射器やレーザー電気パルスを利用して皮下に注入し、発毛を促す治療です。

また、髪が成長するために必要な栄養素を注入することで血行を促進し、細くて弱々しい毛を健康な毛に導くことが目的の治療法です。注入する成分はミノキシジルやフィナステリド、これは薄毛治療でおなじみの薬でどのクリニックでもメソセラピーでは使用している成分です。

そしてクリニックにより内容は異なりますがコエンザイムQ10やヒアルロン酸、銅ペプチド、その他ビタミン剤が含まれ、発毛を促すタンパク質として、IGF-1(インスリン様成長因子)、bFGF(繊維芽細胞成長因子)、VEGF(血管内皮成長因子)などが含まれています。

よく、HARG治療と比較されますが、その違いはHARG治療は幹細胞の培養液から抽出した成長因子が混合液の主成分となっている点です。現在はメソセラピー治療の中でもHARG治療のように上述したような成長因子を用いているクリニックもあり、それらを利用する消費者(患者)側からしてみるとその境界線がややぼんやりした物になってきているようにも感じてしまいますね。

育毛メソセラピーの効果は?

育毛メソセラピーは内服薬での治療と異なり、直接頭皮に有効成分を注入するため、効果はダイレクトに作用していると考えられます。残念ながらほとんどのクリニックが発毛率などのデータを掲載していないため効果の割合については定かではありませんが口コミなどをみても効果は内服薬のみの方に比べ高いといえます。

また、以前は注射針で有効成分を注入していましたが、現在はノーニードル育毛メソセラピーと言って
電気パルスにより微小な穴を細胞膜にあけることで直接有効成分を注入する施術方法も開発されています。傷みをほとんど伴わないため、痛みには弱いという方にも安心です。

育毛メソセラピーに副作用はあるの?

育毛メソセラピーの副作用の報告例は現在ありません。内服薬と異なり頭皮に調節薬剤を注入するので副作用が起こりにくいと言えます。ただ、稀に敏感肌の方など頭皮の赤みや痒みなどのアレルギー症状などが出ることがありますので施術前に必ず医師に確認するようにしましょう。

しかし、副作用が報告されていないからと言って安心してしまうのではなく、医師はほとんど出てこないようなクリニックを避け、カウンセリングのしっかりした信頼できるクリニックで治療を行うようにしましょう。

HPを見ればどこのクリニックも症例が掲載されていますので、掲載数が多く、多様な症例を治療している経験豊富なクリニックを選ぶようにしましょう。

使ってOK?ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルはどんな薬?

育毛剤やAGA治療薬として使用されているミノキシジルは本来、育毛のために開発された薬ではありません。

ミノキシジルはもともと高血圧治療薬、血圧下降剤として作られました。そしてその開発段階でミノキシジルを服用していた患者の副作用に多毛症があることがわかりました。

血圧を下げるためにミノキシジルには血管をひろげて血流を良くさせる働きがあり、これがたまたま発毛へとつながっていたのです。その後外用薬として臨床試験が繰り返され、現在の脱毛症薬として確立したのです。

ミノキシジルは「リアップ」の主成分となっており、誰でも購入することができます。また日本では塗布剤としてのみ製造されていますが、個人輸入と行えば経口薬を購入することもできます。

ミノキシジルの効果とは

ミノキシジルには発毛因子に働きかけ発毛を促進させる効果があることがわかっています。ミノキシジルが毛乳頭細胞に働きかけると毛周期における休止期間から成長期へ入るよう促すのです。

ミノキシジルを塗布することで毛乳頭細胞から血管内皮増殖因子(VEGF)などの発毛因子となるタンパク質が分泌され発毛を促し、毛母細胞が細胞分裂を再開して毛を作り出します。

ミノキシジルの副作用

もともとミノキシジルは、前述したように高血圧治療薬でした。そのため直接的な育毛剤ではなく、様々な副作用が報告されています。

①心臓への負担

もともと高血圧治療薬で血管を拡張する働きがあるので、服用することで心臓や血管に負荷がかかり、血圧がの降下や低血圧となったりすることがあります。動悸や不整脈がおこることもあり、心臓病に持病がある場合は服用することができません。

②腎臓

ミノキシジルには膵臓でインスリンの分泌を抑制させてしまう副作用があります。血糖値が上がってしまうため、血液のろ過の働きをする腎臓への負荷がかかりむくみなどの症状が出ることがあります。

③皮膚

ミノキシジルの働きで血管が拡張し、皮脂の分泌量が多くなるとニキビや肌荒れの原因となることがあります。頭皮にかゆみを伴う湿疹が出ることもあります。

④目

ミノキシジルを服用すると目の充血が起こることがあります。これは血管が拡張することによるもので、目の充血を放置してそのままミノキシジルの使用を継続すると頭痛やめまいなどの症状を引き起こしてしまうこともあります。

これらの4つの副作用はミノキシジルの副作用のほんの一端です。その他にもたくさんの副作用が報告されており、中には性欲減退や女性の妊娠への影響が出ることも報告されています。

もっとも怖いのは①の心臓における副作用で動悸や不整脈がもとで心臓発作を起こしてしまう可能性もあります。

まとめ

個人輸入を行えば手に入るミノキシジルですが、自分では判断せず、医師の管理の元、塗布剤として使用する方が望ましいと言えます。発毛外来ではミノキシジルを外用剤として処方しており、プロペシアと併用して治療を行っています。

育毛剤で命の危険に脅かされるなど本末転倒な話です。発毛したいのであれば一度発毛外来での無料カウンセリング等を受け、薬の副作用等について確認してみるとよいでしょう。

薄毛治療の基本!フィナステリドの効果と副作用

フィナステリドはどんな薬?

フィナステリドはAGA治療薬のプロペシアの主成分です。プロペシアもミノキシジルと同様、AGA治療薬として開発された薬ではありません。

もともとは前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、それが服用する人からたまたま発毛効果が得られたという報告が多数寄せられたために発毛を促進する薬として使われるようになったのです。

フィナステリドは成分名で日本ではプロペシアという商品名で医師の処方により服用することができます。

フィナステリドの効果

男性の薄毛の原因は男性ホルモンです。フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬で、アンドロゲン(男性ホルモン)を阻害する働きがあります。

男性ホルモンはいくつかの種類がありますがそのなかのテストステロンは5α‐還元酵素によってジヒドテストステロン(DTH)に変化します。DTHは頭髪の毛根にある受容体と結合すると毛の脱毛を促してしまいます。

フィナステリドは5α‐還元酵素の働きを抑制するためDTHの生成を阻害することができるのです。DTHが生成されなくなるため頭髪の脱毛を防ぐことができるということになります。

しかし、もともと体内において分泌された男性ホルモンの生成を阻害するため、フィナステリドはにも副作用が出ることが報告されています。

フィナステリドの副作用

重大な副作用として挙げられるのは肝機能障害です。服用したどの程度の割合の患者に副作用が現れるのかわかっていませんが、海外も含め10例ほどの重い肝機能障害の報告があります。

世界中で服用されている薬のため、割合は本当にごくわずかだと言えますが、肝臓が物言わぬ臓器と呼ばれているほど病気になっても働き続けてしまう臓器のため、フィナステリドはの副作用による肝機能障害の予備軍は多いのかもしれないのです。

その他には性欲の減退や勃起機能不全等の副作用の報告があります。どちらも1%程度で多いとは言えませんが、副作用としてこれらの症状が出る可能性があることは事実なのです。また、食欲不振や倦怠感、むくみなどの副作用の報告もあります。

しかし、これは一般的に市販されている風邪薬でも体質により出すことがある症状であり、それ程重く受け止めなければならない副作用ではありません。

また、フィナステリド(プロペシア)は日本では医師の処方箋がなければ手に入れることができません。

頭髪専門外来ではプロペシアの処方の際には血液検査を行っているクリニックがほとんどです。血液検査を行うことでどのような副作用が起きやすいのかある程度予測することができます。

プロペシアの価格は1粒250円です。1か月分28錠は7000円となり、クリニックによって価格は多少前後します。AGA治療は自由診療のためクリニックによって価格設定がことなるのです。

また、クリニックでは飲み薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルを並行して治療に使うことが多く、
外用薬を合わせると1か月の治療費の目安は1万円~になります。

遺伝以外の薄毛の原因と改善方法

薄毛の原因にはストレスによるものが原因で引き起こされることがあります。今の社会はストレス社会とも言われていて、ストレスを受けやすい環境になってしまいました。プレッシャーなどのストレスが髪の毛にダメージを与えてしまうため薄毛になってしまうことが考えられています。

ストレスをなくすのは難しいですが、なるべくリラックスできるようなことを探しストレス解消することを心がけると良いです。ストレスは完全になくなりませんが、ストレス解消することでうまく付き合っていくと良いと思います。

また、シャンプーやトリートメントなど頭皮にダメージを与える可能性がある洗い方も薄毛を促進させてしまいます。頭皮がダメージを受けてしまうと髪の毛を促進させるのを妨げてしまいます。シャンプーで洗うときに強くこすってしまったり、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しが原因で頭皮にダメージを与えてしまうこともあるので髪の毛を洗うときは優しく洗うように注意する必要があります。

シャンプーは1日1回すれば十分なので、1日に何回も洗わないようにするのも大切です。髪の毛を1日に何回も洗っていると頭皮の皮脂が失われてしまいます。皮脂が失われることで頭皮にダメージを与えるので、シャンプーは1日1回するようにします。

生活習慣も薄毛を改善するのに大きく関わっています。特に睡眠や食生活は注意することが大切です。髪の毛が成長する時間は夜の10時から夜中の2時が髪の毛が成長する時間帯とも言われています。この時間にはなるべく寝ているようにすることが薄毛を改善させる方法でもあります。

不規則な食生活は髪の毛に栄養が届かなくなり、抜け毛や薄毛を促進させます。肉類中心の食生活やお菓子など糖分が入っている食べ物を中心に摂っていると髪の毛に良くないので規則正しい食生活にすることが大切です。なるべく野菜や魚中心のバランスの良い食生活に改善するように意識して心がけるようにしなければなりません。

タバコを吸う人も薄毛の原因になります。タバコは髪の毛にも影響し、体に良いというメリットが1つもありません。なので、タバコを吸っている人は喫煙習慣を見直す必要があります。

薄毛の改善は生活習慣の乱れが大きく関わっていることがわかります。薄毛を改善させるには生活習慣を正しくすることが大切です。また、生活習慣を見直しながら育毛剤など髪の毛の成長を促すようなものを使うとより効果があるので育毛剤を使うのも手だと思います。

M字はげに効く育毛剤の特徴は?

M字はげとは?

薄毛にも様々なタイプがあります。
額から髪が後退をしていくM字はげ。
正面から見ると、アルファベットのMに似ているから、というものです。
遺伝も関係してくるのですが、生活習慣も影響がある、と言われています。
頭頂部のハゲよりも目立ちますし、隠すことも難しいです。
頭頂部のハゲであれば、外出時に帽子をかぶるなどの対策を取ることができますが、M字はげはそういうわけにはいきません。
中にはM字はげが気になりはじめた頃に、スキンヘッドにしてしまう人もいます。
それだけ見た目にも大きな影響を与えるものなので、コンプレックスにもなりやすいタイプの薄毛です。

M字はげは解消できるのでしょうか。
治療法、効果がある育毛剤はあるのでしょうか?
インターネット上でも調べてみるとよいです。

M字はげに効く育毛剤ってどんなもの?

M字はげは頭頂部のはげよりも解消をさせることが難しいと言われています。
クリニックでも治療を行うことができますが、まずは育毛剤を使ってみるとよいでしょう。
M字はげに効果のある育毛剤はあまりない、と言いますが、実際に使ってみて効果を得た人もたくさんいます。

薬用プランテルはM字はげのための専用育毛剤です。
リアップやロゲインはドラッグストアでも購入可能なメジャーな育毛剤ですが、M字はげにあまり効果がないと言われています。
しかし実際に使ってみた人の中には、効果が現れた、という人もいます。
効果の差は個人差もあるようです。

薬用プランテルはリアップやロゲインのように、効果があるのかないのか曖昧なものではなく、M字はげ専用の育毛剤なので、より効果を期待することができます。

M字はげの治療法

市販の育毛剤でもM字はげ対策を行うことができますが、より効果を得たいと考えている場合、薄毛専門のクリニックで適正な治療を受けたほうがよいです。
内服薬も処方されれば、髪が生えてくることがあります。
プロペシアはメジャーな薄毛専用の内服薬です。
市販されているものではないので、クリニックで処方してもらいましょう。

M字はげもプロペシアであれば、効果を得ることができます。
ただしこれにも個人差があるので、絶対に大丈夫というわけではありません。
すぐに効果を得たいと考え、植毛をする人もいますが、植毛では根本的な解決には繋がりません。
自分の髪、頭皮を健康に保ち、髪が生えやすい環境にすることが大事です。
プロペシアであれば、根本的な治療に繋がります。
クリニックによっては、再生医療を応用したHARG療法も推奨しているところもあります。

東京でAGA治療するならどのクリニックがおすすめ?

AGA治療クリニックの選び方は?

薄毛は遺伝や加齢が関係しているので、どうしようもない、と思っている人は多いようです。
しかし早期に治療を開始することによって、改善をすることができます。
今は専門のクリニックもあるので、通いやすいところを探して相談をしてみるとよいでしょう。

東京都内にはたくさんの専門クリニックがあるので、気になったところはカウンセリングを受けて、実際にどこに通ったらいいのか決めるのもよいです。
クチコミも参考になるので、実際に通った経験のある人の声もチェックしてみましょう。

東京AGAクリニック

発毛専門クリニックなので、様々な治療法を提案してくれます。
個人によるAGAの原因を追究し、その原因に適した方法で対応をしてくれるので安心できます。
若いうちから抜け毛に悩んでいる場合でも、抜け毛対策を提案してくれます。
渋谷、丸の内、八王子にクリニックがあるので、通いやすいところを選択できるのもメリットです。
駅からのアクセスがよいのも通いやすい理由の1つです。

またオリジナルの発毛薬を開発し、使用をすることができます。
4か月から6か月通って治療を行うのですが、その効果もかなり高いと評判です。

AGAスキンクリニック

カウンセリングを受けてから治療を行う、行わないを決めることが出来ます。
自分の薄毛の原因がはっきりしなければ、適切な治療を受けることは困難です。
原因にあった治療を行ってくれるので、確かな発毛を目指すことができます。
専門のクリニックだからこそ、親身になって相談にのってくれますし、高い効果を得ることもできます。
不安なことがあったらいつでも相談することができる環境が整っています。
相談しやすいというのは不安要素を取り除くことができる、ということでもあります。

メンズヘルスクリニック東京

AGA治療に限らず、男性の健康に関する悩みを解決してくれる、男性のための専門クリニックです。
薄毛治療を受けていると、精神的にもダメージが加わることがあります。
落ち込むこともあるでしょう。
そんな時に心のサポートもしてくれる点が他のクリニックはない大きな特徴です。

どうして自分だけ髪にコンプレックスを抱かなければいけないのだろうか、悔しい、羨ましいなど様々な心の問題を抱える人もいます。
そうなってしまうと、しっかりとした治療を受けることが難しくなります。
安心をして治療を受けることが出来るように、心のケアまで行ってくれれば、信頼できますし、AGA治療にも前向きになって取り組むことが出来るようになるクリニックです。

病院での薄毛治療の費用は?

病院で薄毛治療を受ける場合

薄毛治療は医療機関で受けることができます。
治療法も医療機関によって違いがあり、内服薬や外用薬で対応をしたり、再生医療を生かした方法もあります。
内服薬もかなり効果が高いものがあり、1か月で効果を得る人もいます。
もちろん個人差もあるので、必ずしも効果を得られるわけではありません。

原因も人によって異なり、その原因に合う治療法で治療を受ける必要があります。
再生医療を応用した治療法は効果が高く、治療を受けた人の9割に効果があった、と言われています。
自分に合う方法で治療を受けることが大切です。

対応可能な医療機関とは

薄毛治療を受ける際には、どこに足を運べばよいのでしょうか。
今は薄毛治療専門のクリニックもあります。
特殊なところではなく、専門医が常駐をしているので安心できます。
毛髪診断士が常駐をしており、アドバイスを行っているクリニックもあります。

薄毛治療専門クリニックの数はまだまだ少ないので、通える範囲にクリニックがない可能性もあります。
美容整形外科や皮膚科でも対応をしていることがあるので、薄毛治療を行っているのか、ウェブサイトで調べてみるのもよい方法です。
皮膚科の中にも薄毛治療のための内服薬を処方してくれるところがあります。
一般的なプロペシアを処方してくれるクリニックも増加しているので、どのような内服薬を処方してくれるのか、ということもチェックしておくとよいでしょう。

どれくらいの費用が必要か

気になるのが薄毛治療に必要となるコストです。
クリニックによっても費用の基準は異なりますし、必ずしもこの金額で行わなければいけない、という規定もありません。

再生医療を応用した、大変効果が高いHARG療法は高額な費用が必要となり、分割払いで対応可能なクリニックも多いです。
1回の施術に80,000円程度かかることもあります。
また1回の治療で完了をするわけではないので、何度かクリニックに通って治療を受けることになります。
大抵の場合5、6回の治療が必要となるので、治療にはトータル500,000円近くかかることもあります。
そこにプラスをして全身の健康状態をチェックするために、治療開始前に血液検査、血圧検査などを行うこともあります。
薄毛治療は保険適用外となることが多いので、全額自費で対応をしなければいけません。

内服薬も30日分で6,000円程度かかるクリニックが多く、1か月ではなく、数か月服用をしなければいけないので、継続をするともなると負担額も大きくなります。

女性のためのおすすめ育毛剤は?

人気の育毛剤

髪の悩みは男性に限ったことではありません。
最近では女性でも髪の悩みを持っている人は多いです。
薄毛になってしまうと、見た目年齢にも大きく関係をしてきます。
若く見られたいのであれば、髪のボリュームはあったほうがよいです。
いくら美しい髪でも薄毛では台無しになってしまいます。

今は女性のための育毛剤も種類が増えてきているので、使ってみるのもよいでしょう。
どんな育毛剤があるのか、5つ紹介します。

・マイナチュレ
無添加、無香料なので、シャンプーの香りを邪魔することもありません。
また敏感肌の人でも使うことが出来る、優しい成分でできているのも特徴です。
実際に多くの人が効果を得ている育毛剤として人気です。

・デルメット
この育毛剤の最大の特徴は女性ホルモンに着目し、その成分を取り入れていることにあります。
ノズル式なので使いやすいです。

・CA101
育毛だけではなく、美容成分も含んでいるので、髪を育てるだけではなく、美しく育てることが出来るというメリットがあり、美髪を手に入れたい人に特におすすめです。

・長春毛精
スプレータイプなので手軽に使えます。
病後や産後のお肌がデリケートになっている時期にも使うことができます。

・夢美髪
髪のハリやコシを蘇らせたいと思っている人におすすめです。
薄毛よりもハリやコシがあれば若々しさを取り戻したいという方に人気です。

育毛剤の購入方法

オンラインであれば定期購入をすることが可能です。
また、思うような効果を得ることができなかった場合、返金にも対応をしてくれるショップもあります。
オンラインであれば誰にも知られることもなく、購入をすることが出来るので便利です。
比較検討をしながら効果などをチェックして購入をするものを選択できるのもメリットです。

価格の相場は?

まず、本当に効果があるのか、使った感じはどうなのか試してみたい、という場合、500円程度でお試し購入をすることができます。
そこのメーカーでもお試し価格での提案があるわけではないので、事前にチェックをするとよいでしょう。
2,000円台から5,000円程度まで色々な育毛剤があります。
中には初回のみかなりリーズナブルな価格で購入可能なものもあり、実際に使ってみて自分に合うもの、効果を期待できそうなものを選ぶこともできます。

定期コースでの購入であれば、10%程度安く購入することも可能なショップもあります。
価格のチェックもオンラインであれば、簡単に行うことができるので、便利です。

男性用の育毛剤、おすすめはどれ?

人気の育毛剤

薄毛に悩んでいる場合、育毛剤を使うことによって、今ある髪を維持することができたり、新たに髪が生えるようにケアをすることもできます。
今は育毛剤の種類も増えているので、色々ある中から選択をすることができます。
実際にどんな育毛剤が人気なのでしょうか?

人気のある育毛剤を5つ紹介します。

・アンファー スカルプD
CMなど広告も大々的に行われているので、育毛剤の中ではメジャーなものでしょう。
有名人の中にも使っている人がおり、髪が増えたと評判も高いです。

・薬用ポリピュアEX
発毛促進、養毛、薄毛、抜け毛対策をすることが出来るので、髪の様々な悩みを解消することが出来る育毛剤です。

・薬用育毛剤 柑気楼
分け目や生え際の悩みにしっかり効果を得ることが出来る育毛剤。
男性だけではなく女性にも人気です。

・薬用プランテル
特に生え際の後退に悩んでいる人にオススメです。
いわゆるM字はげに高い効果を期待することが出来る育毛剤です。

・新髪24
ふけ、痒みなどの対策にも使うことが出来ます。
髪を増やすだけではなく、頭皮の悩みにも対応しています。

参考サイト:おすすめ育毛剤

育毛剤の購入方法

育毛剤を使いたいと思っていても、店舗で購入をすると、なんとなく恥ずかしいということがあるかもしれません。
実際に自分の髪を見られることになります。
そうなると、抵抗を感じることもあると思うので、通販を利用して購入をしてみましょう。
そうすることによって、恥ずかしいという気持ちも感じることがありません。
中には長く使うことができるように、定期購入を利用することが出来るようになっている店舗もあります。
定期購入であれば、買い忘れもないですし、割引が適用されることもあるので、よりお得な価格で購入をすることも可能です。

価格の相場は?

育毛剤というと高額なイメージがありますが、安いものは2,000円台からあります。
あまりにも安すぎるものというのは、効果を期待することができないのではないか、という不安にもつながるかもしれません。
しかし安くても自分の髪や頭皮に合うものであれば、効果を得られるでしょう。
まずは1本購入をしてみて、自分の髪に合うのかどうかをチェックし、その後まとめて購入をする方法もあります。
纏めて購入をしたほうが1本あたりの単価が安くなることもあるので、しっかりとチェックをしておきましょう。

高額なものになると、1本あたり8,000円近くするものもあります。
2,000円から8,000円まで幅広い育毛剤があります。

薄毛が進行したら思い切ってボウズにするべき?

若い頃は頭の毛が薄いだとかハゲという事はなかなか真剣に話せないものです。むしろ逆に笑いに変えてしまってそれで終わりということがとてもたくさんありました。確かに若い頃にハゲる人というのは少ないですし、ハゲ方もそれほどひどくないので本人も笑いに変えていた部分があったのかもしれません。

しかし、薄毛というのはつくづく急にやって来るなあと思います。若いと自分では思っていても髪の毛が急に薄くなってきたり、抜け毛がシャンプーをしている時に多くなってきたのを感じたり、生え際が後退しているのを鏡で毎日見るとなかなか笑えなくなってくるものです。

ある時に昔からの友人と集まる機会があり、仕事や近況などの話がひととおり終わった後で髪の毛の話題となっていきました。昔は冗談のような話題だったのに、歳を重ねてからはかなり深刻な話となってしまいました。それぞれ自分がやっている予防法やハゲの症状を発表し合って慰め合いました。見た感じではみんなそれほど深刻な状態にはなっていないのですが、やはり最終的にはどのようにごまかすのかという話にまでなりました。

薄毛と言っても色々なパターンがあり、ストレスで円形脱毛症になってしまった人もいます。これは周囲の髪の毛で隠すことができますし、原因もストレスとわかっているので自分で気を付けていけばやがてまた元通りになるのだろうと思います。しかし、生まれつき一部分が薄毛だったり年齢による薄毛の対策は結構難しいです。また遺伝ということもあったりしてなかなかそれぞれ違う原因で薄毛になっているのだなあとつくづく思います。

ある友人と「もし自分がハゲたらどうするか」という話になりました。ようするに二択で「ごまかす」のか「ボウズにする」かという話でした。これもなかなか難しい話で、ハリウッド俳優のように似合えばそのまま開き直ってもいいのかもしれませんが、日本人はなかなかそこまでいけません。細身の人はなかなかハゲが似合いにくいものです。それと同時にやはり細身でハゲていると悲壮感がただよってしまうイメージもあります。

なのでもし似合うのであれば思い切ってボウズにするというのもアリなのかもしれません。頭の形など考慮するところはたくさんあって、実際にボウズにするには思い切ったイメチェンなので勇気も必要ですが、もしかしたらやってしまうと自分自身が楽になるのかもしれないなあと思っています。もう薄毛に悩む心配もないですし。

【ハゲ体験談】娘に父親だと認識してもらえず・・・

私は代々薄毛の家系なので抜け毛防止や育毛も20歳からしていました。
しかし30代後半になり現在かなり薄い状態なので普段は髪を伸ばして後ろの髪や横の髪を前にしたりして、仕事の時はスプレーで固めたりと毎日格闘の日々です。

そんな私も30代後半にして娘が産まれました。

イクメンという言葉が流行っている通り私も子供をお風呂にいれる事も多かったのですが、基本は娘を先に洗ってから先に出して、その後に自分が体やシャンプーをするという流れでした。

しかし事件が起こったのは娘が2歳の時です!

2歳になって立ったり歩けるようになってたので娘を一人湯船に入れてシャンプーをしていた時の話です。一人で最初はキャッキャとおもちゃで遊んでいましたが、シャンプーをしてる時から娘の声が聞こえない・・・・!?まさか!と思って急いでお湯で頭を流して娘を見ると、娘が私を見て固まっていました。(目が点になるとうのがピッタリです)

どうしたの?と聞いても何も答えないので、何度か声をかけるといきなり大声で泣き出しました。
そしてその後衝撃の一言が発せられました・・・

「パパがいなくなった!!!パパがいなくなった!!!知らない人がいる!!!ママーー!!!」
奥さんが慌ててお風呂場へきました。そうすると娘は「知らない人がいる!!!」と奥さんに抱きついて完全に私は「いきなり出てきた知らない人」になっていました。

確かに普段は前髪を作っていますが、髪を上げるとおでこというか頭頂部というか・・・

そこまで髪がスカスカなので当然自分でも髪を上げると人が変わるのはわかっていました。しかし娘に言われるとさすがにかなりショックでした。奥さんは状況をすぐ把握したらしく爆笑していました(泣)

それから何度か試しましたがパパという事がわかってもらえず何ヶ月かかかりました。ほとんどは今まで通り先に娘を先にお風呂から上げてから洗ってましたが、髪が濡れて前髪がなくなると固まって泣くという流れ。

2歳後半になってきてようやく「知らない人=パパ」が結びついたみたいで最近は安心してお風呂に入ってくれています。今までの髪の事を人に言われてもそこまで気にしませんでしたが、さすがにこの時は当分へこみました。

ちなみに知り合いの同じ薄毛パパもみんな同じ経験をしていて、この事件はあるあるの一つだそうです。

ただ子供の不思議な事は、「知らない人」が髪を乾かす姿を見ているのに、「パパ」ができあがった時「パパおかえり」と髪が乾くと懐いてくるところです。

娘がもう少し大きくなるまでは、髪を残せるように頑張りたいです。

ママ友との世間話から垣間見える、お父さんたちの毛髪事情

世の男性は、薄毛になるととても気にしたりコンプレックスに感じている人が多いかと思います。

現代社会は、ストレスが多いからか生活習慣の問題なのか、わりと若くから薄毛を気にしている人も多いですよね。周囲のパパたちは20代から30代が大半ですが、その半数が薄毛を気にして何らかの対策ととっています。

実際、私のママ友たちは、「ご主人が薄毛を気にして育毛剤を買っている」「聞いたことがないサプリを飲みだした」などと話していますが、奥様にとっては共通して『薄くなろうがなるまいがどちらでも良いこと』であることが特徴です。そうなんです。独身の方はいざ知れず、既婚者にとって男性が思っているほど家族は気にしていないのですよ。

それよりも、「高額な育毛剤を使い続ける」「高額なサプリを買い続ける」上に、「いざとなったら植毛したいと言い出す」旦那さんに困っています。

いつまでも若々しくカッコ良くいてくれるパパは確かに理想的ではありますが、果たして薄毛に抵抗してあれこれ奮闘してまで毛髪量をキープしてほしいと妻は思っているのでしょうか?

私の周りの意見ではNO!です。
それよりも、「自分の毛髪量に合う髪型をしてほしい」という意見が多数なんですよね。

例えば、芸能人の小堺一樹さんとか、所ジョージさんとかのように、毛髪量だけでいえばだいぶ後退しているんだけど、全くはげているようには感じさせず、むしろいつまでも若々しくてカッコイイ、そんなお父さんになってくれることの方を望んでいます。

また、M字はげでなく、てっぺんはげのような薄くなり方なら、いっそ坊主にしてくれることを望んでいますよ。坊主でハンチング帽とかかぶっているお父さんって、とてもおしゃれです。周りのママたちからも好評ですよ。

逆に、30歳で薄くなってきたことを気にして、1本8000円もする育毛剤を毎月消耗しながら、薄さを隠そうとオシャレパーマをあてている、というパパは、奥様からだけでなく、ママ友からも「何やってんだ!?」と実は不評だったりするんです。「そんな高額なお金をかけて頭皮を痛めつけて、隠したいのか知らないけど何やってんだか!!そこまでしてオシャレにこだわられても求めてないし!潔ぎよくないな」とか、散々な言われよう。

そんなんです。女性が本当に好きな男性に求めているのは、永遠にふさふさ若々しい髪の毛ではなく、年齢に合った自分に合った髪型とオシャレ、『潔さ』これが一番大切です。

何とかしてごまかそうとしているのが感じられた瞬間、そういう意味でのカッコ良さは感じにくくなってしまうのが女性です。ありのままの状態で、一番カッコ良く見えるヘアスタイルを追求してもらいたいですね。

【ハゲ体験談】V系バンド活動でハゲしく髪を染めてから・・・

誰もが経験するであろう、若かりし日の過ち。
そのせいで、歳をとってから苦労したなんて話はよく聞きますよね?
自分の場合、若気の至りが今の髪の毛に大きな影響をあたえてしまっています。

10代のころにバンドマンだった私は、金髪のみに飽き足らず青やオレンジといった髪の色をしていました。当時ヴィジュアル系バンドが流行っており、バンドマンたちはこぞって髪を染めていたものです。ほんの少し茶色にしていたころは感じなかったのですが、脱色具合が進むごとに抜け毛が気になるようになりました。

それまでは、髪を洗う時に手についた髪の毛など気にしたこともなかったのですが、長髪にしたこともありかなり目につくようになりました。それでも髪を伸ばしたせいだと自分に言い聞かせ、数年続けることになります。バンドも辞め、数年が経ち黒髪も馴染んできたころに、ふと思いました。

「そういえば、まだ抜け毛がおさまらない?」

そう。残念なことに、黒髪に戻しただけでは、頭皮の健康まで取り戻せていなかったのです。そのころからでしょうか。薬局に行くとで育毛剤のコーナーに立ち寄るようになったのは(笑)

とはいえ、裕福な暮らしをしているわけではない私は、育毛剤というお財布の敵には手が伸びず、育毛効果のあるシャンプーという選択肢を選びました。さすがにこれだけでは、頭皮の改善ができるとは思いませんでしたが、なんとか現状維持を果たしました(たぶん)。シャンプーといえど、侮れませんね(笑)

そんなこんなで30代に突入!

多少、髪の毛は細くなってはいるものの、髪の密集率は何とか維持できているかな?ただ、年齢には勝てないようでおでこの方は徐々に開拓され勢力を伸ばしています(泣)薄毛対策はいろいろあるみたいですが、おでこの広がりをくい止める薬なんてあるのかな?

今もいろいろ試行錯誤はしていますが、決定的な効果のあるものはまだ見つかってません。
やはり歳には勝てないのでしょうかね?

できることなら髪とは長い友達でいたいのですが、いつか絶交されるのではないかという恐怖と闘っております!昨今の抜け毛は、簡単な相手ではないですけどね(笑)

ストレスも髪によろしくないということで、あまり考えないようにはしているのですが、なかなか難しいですね。ブルース・ウィリスのように、カッコよくなれるのならば、気にしないんですけど(笑)

「未来をつくるのは今の自分」と自分に言い聞かせ、髪にいいものを探しまくる今日この頃です。